近藤譲(こんどう・じょう)

(作曲家)

1947年東京生まれ。1972年東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。
1977~1978年ジョンD. ロックフェラー3世財団より奨学金を得、一年間ニューヨークに滞在。1979年カナダ・カウンシルの招きでヴィクトリア大学において客員講師を務める。1986年ブリティッシュ・カウンシル・シニアー・フェローとしてロンドンに滞在。1987年にはアメリカのハートフォード大学・ハート音楽院コンポーザー・イン・レジデンス。同年、及び2000年にはイギリス・ダーティントン国際夏期講座でも講師を務める。又、ハーヴァード大学、ニューイングランド音楽院(以上、米)、ヨーク大学(英)、ケルン大学、ハンブルク音楽大学(以上、独)、ハーグ音楽院(蘭)を始めとして、ヨーロッパ、アメリカの多くの大学で自作についての講演を行っている。
1980年、現代音楽アンサンブル「ムジカ・プラクティカ」を結成、1991年の解散まで、音楽監督を務めた。
独奏曲、室内楽から管弦楽、オペラ、そして電子音楽作品まで広範にわたる作品を130曲以上作曲、そのほぼ全ての楽譜が、英国のUYMP(ヨーク大学音楽出版社)と米国のC.F.Petersから出版されている。それらの作品は、日本、欧米において頻繁に演奏されている他、Hat Art、ALM、フォンテック、ドイツ・グラモフォン等のレーベルから多くの作品の録音がリリースされている。
数多くの団体から委嘱を受け、作品を発表する他、「パリの秋」(仏)、「アルメイダ国際音楽祭」(英)、「フィレンツェの5月」(伊)を始めとして多くの国際音楽祭において特集が組まれている。また、オランダのアイブス・アンサンブルやニュー・アンサンブル、イギリスのロンドン・シンフォニエッタ、バーミンガム・コンテンポラリー・ミュージック・グループ、オリヴァー・ナッセンなどヨーロッパの優れた演奏家たちも好んで近藤作品を繰りかえし演奏している。
 1979年以降、『線の音楽』、『音楽の種子』、『耳の思考』、『<音楽>という謎』、『音を投げる---作曲思想の射程』、『聴く人(homo audiens)』等、作曲と美学に関する著作を出版、また、ケージ『音楽の零度』(編訳)、ヒューズ『ヨーロッパ音楽の歴史』(共訳)、ボンズ『聴くことの革命:ベートーヴェン時代の耳は「交響曲」をどう聴いたか』(共訳)等の翻訳も出版、更に、「Contemporary Music Review」の日本編集委員等、著作活動も活発に行っている。
ガウデアームス国際作曲コンクール(蘭)を始めとして、多くの国際コンクールの審査員も務めている。
近年では、2005年ハダースフィールド現代音楽祭(英)のテーマ作曲家の1人として作品が特集され、2011年のタングルウッド音楽祭(米)でも小特集が組まれた。
CDは、「近藤譲作品集」として<オリエント・オリエンテーション>」(ALM-ALCD-67)、<夏に>(ALM-ALCD-74)、<表面・奥行き・色彩>(ALM-ALCD-93)他多数リリースされている。
お茶の水女子大学名誉教授。昭和音楽大学客員教授。
2012年アメリカ芸術・文学アカデミー名誉会員(終身)に選出された。
■3月24日 ドキュメンタリー映画「時の形:作曲家 近藤譲」が、Haus der Berliner Festspiele, Berlin/独で上映される(映画製作:Viola Rusche, Hauke Harder)
■「聴く人(homo audeiens)――音楽の解釈をめぐって」(アルテスイパブリッシング)
■書籍「線の音楽」(近藤譲/著)(アルテスパブリッシングより復刻発売)
■「<音楽家の耳>トレーニング」全2巻、編著(春秋社)
『「聴くこと」の革命―ベートーヴェン時代の耳は「交響曲」をどう聴いたか』(マーク・エヴァン・ボンズ著/近藤譲・井上登喜子共訳)(アルテスパブリッシング)
■「潅木」 “Trio Accanto, So Near So Far” ( Edition Zeitklang[独] EZ 31029 ) 、演奏: Trio Accanto
■「ヒプソトニー」、「羊歯」、「ブルームフィールド氏の間化」、“Canons + Hoquets”, QB[カナダ] CQB 0704所収 ( CQB0704 ) 、Quatuor Bozzini
■“Jo Kondo: Mulberry, In the Woods, In Summer, Under the Umbrella” ( CP2[USA], CP2-123 )
■「近藤譲作品集:夏に」 ( ALM, ALCD-74 )
「桑」、「林にて」、「夏に」、「傘の下で」を収載 、指揮:ポール・ズコフスキー/演奏:東京都交響楽団
■「高窓」(Musikproduktion Dabringhaus und Grimm (ドイツ) - “Asia Piano Avangarde, Japan Vol. 1” ( ネクサス MDG 613 1385-2 ) 、演奏:Steffen Schleiermacher
■「ノヴィタス・ムンディ」 Novitas mundi "「祈り」 - 邦人作曲家によるオルガン曲集" ( ALM, ALCD69 ) 、演奏:保田紀子
■「リタード」 “ポール・ズーコフスキーの芸術” - 「リタード」 ( Victor NCS-557~8 ) 、演奏:ポール・ズーコフスキー
■近藤譲作品集 「表面・奥行き・色彩」 ( アルム・レコード ALCD-93 )
「杣径」、「空の空」、「冬青」、「ヤーロウ」、「カラミンサ」、「ダーティングトン・エア」、「表面・奥行き・色彩」の7作品 、指揮:佐藤紀雄/演奏:アンサンブル・ノマド
■「Trade Winds」 ( Redshift Music [カナダ] TK428 )
「歩く」、「Tiresias –Trade Winds」 、fl:Mark McGregor/pf:Rachel Kiyo Iwaasa
■近藤譲作品集「線の音楽」 ( コジマ録音 JAN 4530835 110521 )
(1)クリック・クラック(73)/(2)オリエント・オリエンテイション(73)/(3)スタンディング(73)/(4)パス(74)/(5)フォーリング(73) 、pf:高橋悠治/hp:篠﨑史子/fl:小泉浩/mar&hca:山口恭範/pf:高橋アキ/電気pf:大正琴/バンジョー:佐藤紀雄/gt:志村菊夫、曽我傑/指揮:川合良一/va :篠﨑功子,篠﨑正嗣/cb:永島義男
■「Songs of a Desert Bird」 ( Made From Nothing, Edition Kopernikus 002 )
「ペルゴラ」 、fl:Klaus Schöpp/pf:池谷順子
■CD「Teionduo: Rotation」 ( コジマ録音 ALM:ALCD106 )
「花橘(3つの対位法的歌と2つの間奏)」 、演奏:低音デュオ
■限定出版LP「Fluxus」 ( Psych.KG 207./独 )
「ボンジン」 、演奏:Musica Practica Ensemble
■「沢井一恵 箏 リサイタル」 ( フォンテック )
「秋に」 、演奏:沢井一恵、野坂操壽
■「ディスカヴァリー・ユーフォニアム」 ( フロレスタン FLGK0004 )
[収録曲]トライン、スタンディング 、[演奏]Euph:小寺香奈/pf:藤田朗子/vc:松本卓以
■「Jo Kondo, Bonjin : Chamber Music」 ( Wergo(独) WER73422 )
収載曲:「ボンジン」、「ペルゴラ」、「ロータス・ダム」、「カラミンサ」、「茂吉の歌六首」、「ディシラム」、「撚りⅢ」、「トゥエイン」、「接骨木の三つの歌」 、演奏:Ensemble l’art pour l’art
『瀬川裕美子ピアノ・リサイタル2016「肥沃の国の境界線にて〈線・ポリフォニー….!?〉』 ( トーンフォーレスト TFCC-1701 )
「高窓」、「長短譜」


■ 作品リスト ■

作品タイトルをクリックすると詳細情報が表示されます。

<合唱>

■「女声合唱のための歌二篇」
女声合唱団「暁」委嘱
作曲:2013年6月
初演:2013年12月23日
JTアートホール・アフィニス
女声合唱団「暁」 第6回演奏会
合唱:女声合唱団「暁」

<器楽>

■ピアノのための「テニスン歌集」
井上郷子委嘱


■「形は影にしたがう」(ピアノ独奏版)


■オルガンのための「1½ 前奏曲」
Carson Cooman (アメリカ)委嘱


■筝と十七絃のための「秋に」
沢井一恵委嘱


■トイ・ピアノのための「カッチャ」


■ピアノのための「カッチャ・ソアヴェ」


■ピアノのための「間奏曲」
井上郷子委嘱


■ピアノのための「ギャマット」
作曲:2013年

<声楽>

■12人の声のための「薔薇の下のモテット」
ヴォクスマーナ委嘱
作曲:2011年9月
初演:2011年9月12日
東京文化会館・小
ヴォクスマーナ第25回定期演奏会
■バリトンとチューバのための「花橘」(3つの対位法的な歌と2つの間奏)
低音デュオ委嘱
作曲:2013年1月
初演:2013年3月18日
杉並公会堂・小
低音デュオ第5回
演奏:低音デュオ(B:松平敬/tub:橋本晋哉)

<室内楽>

■ソプラノと7楽器のための「テニスンが詠った歌三篇」
Birmingham Contemporary Music Group委嘱


■弦楽四重奏と打楽器アンサンブルのための「パレグメノン」 
Bozzini Quartet(カナダ)、Slagwerk Den Haag(オダンラ)、Eduard van Beinum Foundation (オランダ)共同委嘱委嘱

初演:2011年11月12日
Muzerije Pleitzaal,デン・ボス/オランダ
演奏:Bozzini Quartet, Slagwerk Den Haag
■14人の奏者のための「アンティフォナ:三つの色の三つの結び目」
Nieuw Ensemble(オランダ)委嘱


■「原因と結果」―オンド・マルトノ、ヴィオラ、ギターのための三重奏曲
大矢素子委嘱


■ピアノ四手(連弾)のための「ヘレボルス」
井上郷子委嘱


■8楽器のための「変奏曲 (三脚巴)」

初演:2015年12月4日
20:00 Kilbourn Hall,イーストマン音楽学校,NY/米
OSSIA - A Jo Kondo Portrait
演奏:Ossia Ensemble、Eastman Percussion Ensemble


スケジュール

<< 前月 | 2017年2月 | 次月 >>

【 2月 】
2/13~2/14
英 / The Lowry, Salford
「地峡」
上演:Richard Alston Dance Company
2/19
米 / Scandinavia House,NY
「ペルゴラ」
fl:Molly Morkoski/pf:Elizabeth Brown
2/19
蘭 / Galerie Marzee, Nijmegen
<Moderne Muziek Nijmegen>
「高窓」
pf:七條恵子
2/23
英 / Octagon Theatre, Yeovil
「地峡」
上演:Richard Alston Dance Company
2/28
英 / Malvern Theatres, Malvern
「地峡」
上演:Richard Alston Dance Company