木村かをり(きむら・かをり)

(ピアノ)

東京藝術大学を経て、パリ国立音楽院に留学。1965年同音楽院を首席で卒業。1967年第1回メシアン現代音楽国際コンクールで第2位に入賞。その後、メシアンならびにイヴォンヌ・ロリオ女史に師事。1976年ACCディスク大賞、第8回(1989度)中島健蔵音楽賞、1993年第8回京都音楽賞を受賞。これまでに、インバル/フランクフルト放送響、岩城宏之/NHK交響楽団、小澤征爾/新日フィル、ガンサー・シュラー/アメリカ交響楽団他、数多くの演奏家と共演。現代音楽の初演に大きく活躍の場を持ち、その精緻な音楽性が高く評価されており、初演作品の多くが賞を受賞している。第50回(1999度)藝術選奨文部大臣賞、及び第9回朝日現代音楽賞を受賞。2002年メシアンの作品を中心に3回のリサイタルを開催、その成果により第34回サントリー音楽賞を受賞。ロン・ティボー国際コンクール等の審査員も務める。2002年紫綬褒章、2012年旭日小綬章を授与される。「アンサンブル・タケミツ」メンバー。



主な受賞歴



  • 第8回中島健蔵音楽賞
  • 第8回京都音楽賞
  • 1981年初演 一柳 慧「空間の記憶」が第30回尾高賞
  • 1989年初演 一柳 慧「冬の肖像」が第37回尾高賞
  • 1991年初演 山田 泉「一つの素描」が第 2回芥川作曲賞
  • 1992年初演 西村 朗「光の環」が第40回尾高賞
  • 2000年第9回(1999年度)朝日現代音楽賞受賞(連続リサイタル<響映する音-西と東>(1999年)及び長年にわたる日本の現代音楽曲の積極的な演奏活動に対して)
  • 2000年第50回(1999年度)芸術選奨文部大臣賞受賞(連続リサイタル<響映する音-西と東>(1999年)の成果に対して)
  • 2002年 紫綬褒章
  • 2003年(2002年度)サントリー音楽賞
  • 2012年 旭日小綬章(秋)



スケジュール

<< 前月 | 2017年2月 | 次月 >>

登録されたスケジュールはありません。