安江佐和子(やすえ・さわこ)

(打楽器)

6歳よりパーカッション、マリンバを始める。桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室、同高校を経て同大学卒業、同研究科修了。
マリンバを安倍圭子氏に、打楽器、ティンパニーを井上文子、岩沢康裕、小林美隆、佐野恭一、上野信一、ライナー・ゼーガ-ス、ヴィック・ファース、宮崎泰二郎の各氏に師事。
在学中、1991ミュンヘン国際音楽コンクール奨励賞受賞。
1995、96、99年マリンバ・パーカッションソロリサイタル「Prana~息」開催
1997ピアノ野平一郎、廻由美子、打楽器 佐野恭一と共に、バルトーク「二台のピアノと二人の打楽器奏者のためのソナタ」をビクターよりCDリリース。
1995よりサイトウ・キネンオーケストラ(小澤征爾指揮)のメンバーとして活動。
2001.1月同オーケストラによるアメリカツアーに参加。ドイツ・バッハゾリステン日本公演、
並びに2001.2月 小澤征爾指揮・水戸室内管弦楽団ヨーロッパツアーにティンパニー奏者として出演。
2001ソリストとして新星日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。
2002.9月より文化庁芸術家海外研修員としてベルリンへ留学。
ベルリンフィルハーモニーソロティンパニー奏者ライナー・ゼーガ-ス氏に師事。
帰国後、2004~2007.3月 東京フィルハーモニー交響楽団入団、打楽器奏者として活動。
2004久石譲全国ツアーにコンサート及びCDレコーディングにソロパーカッションとして参加。
2007.4月 アルゲリッチ音楽祭にて「兵士の物語」Cl.ポール・メイエ、
Tp.セルゲイ・ナカリャコフ、Vl.豊島泰嗣らと共演
5月ラ・フォル・ジュルネにてオープニングコンサート、室内楽などの公演に出演。
2008.7月東京オペラシティにてソロリサイタル「砂漠の声」2日公演。ドラマー村上ポンタ秀一氏と共演。
2010ソロリサイタル2日公演開催。構成から演出、演奏まで、そのトータルパフォーマンスを高く評価される。
現在、桐朋学園大学、東京芸術大学 非常勤講師。サイトウ・キネン・オーケストラ。
新作、委嘱作品の初演、現代作曲家個展での演奏及びレコーディングは数多く、
パーカッション・マリンバのソリスト、ティンパニー奏者としてその活動はソロ、アンサンブル、オーケストラと幅広く、古典から現代まで様々なレパートリーをもつ。
リズムを超えた「音楽」を求め、歌う、色彩のパーカッションとして、独自の音色感を
もった世界を広げている。


スケジュール

<< 前月 | 2017年2月 | 次月 >>

登録されたスケジュールはありません。