Tokyo Concerts
Tokyo Concerts

〈公演延期〉「堤剛 チェロ・リサイタル Tsuyoshi Tsutsumi Cello Recital」

2020年06月30日(火) 開演:19:00 (開場:18:30)
あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

公演延期のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため

来場される方々の健康と安全を最優先に考え、

「堤剛 チェロ・リサイタル Tsuyoshi Tsutsumi Cello Recital」を

延期させていただきます。

詳細につきましては、決まり次第ご案内させていただきます。

ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

出演

チェロ:堤 剛

ピアノ:土田英介

 

本公演に寄せて――

今回のプログラムは私にとって思い出深い作品ばかりであり、チェリスト堤剛として今何処まで作品の核心に迫っていけるか、というチャレンジに富んだものになりました。
松村先生の「肖像」は先生が佐治敬三氏をイメージして書かれた作品です。先生が何時も仰っておられたのは、如何に氏に大きな心を持ってサポートしてもらったかという事でした。
一柳先生の「コズミック・ハーモニー」は先生の夢が大きく膨らんだような作品であり、「内触覚的宇宙IV」は宇宙的な大きなものをピアノとチェロで表現させる湯浅先生ならではの作品です。
また武満先生の「オリオン」はその後チェロコンチェルト「オリオンとプレアデス」の原曲となった作品です。独特の美感覚がある、と申せましょうか。
「C6H」は新しい惑星が発見されC6Hと名付けられたことに三善先生が触発され、先生ご自身の天体を描かれたのがこの作品です。
細川先生の「線II」ですが、最後の方で弓を二本使うので初演の際大きな反響を呼びました。
そして新実先生の「横豎」は、私がアメリカのイリノイ大学で演奏した際大変高く評価されました。
最後の「BUNRAKU」は今やチェリストにとってスタンダードレパートリーになりました。
このバラエティーに富んだプログラムを十分にお楽しみ頂けましたら幸甚です。

――堤 剛

 

プログラム

松村禎三「肖像」

一柳 慧「コズミック・ハーモニー」

湯浅譲二「内触覚的宇宙IV」

武満 徹「オリオン」

三善 晃「C6H」

細川俊夫「線II」

新実徳英「横豎」

黛 敏郎「BUNRAKU」

*プログラムは変更となる可能性があります。ご了承ください。

 

チケット

一般:4,000円(当日:4,500円)

学生:3,000円(当日:3,500円)

 

お申込み

ザ・フェニックスホール チケットセンター

TEL 06-6363-7999(平日10:00-17:00)

 

東京コンサーツ

03-3200-9755(平日10:00-18:00)

Webでのお申込みはこちら

※東京コンサーツでのお申込み方法・手数料一覧等はこちらをご覧下さい。