金子仁美 / Hitomi Kaneko

作曲家

東京生まれ。桐朋学園大学研究科在籍中にフランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院作曲科に留学。
1988年日仏現代作曲コンク-ル第1、1990年第59回日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽)第1
E.ナカミチ賞9回村松賞など受賞。
作曲を三善晃、ジェラール・グリゼイに師事。
これまでにダルムシュタット現代音楽祭、パリの秋、アヴィニョン、ニース現代音楽祭、ブカレスト現代音楽週間、
ヘームシュテッド現代音楽週間
Music from Japan、武生国際音楽祭、BBCウェールズ交響楽団、NHK交響楽団、
新日本フィルハーモニー
交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などで作品が発表されている。
1994年にIRCAMに研究員として在籍した他、NHK電子音楽スタジオなどで作品制作を行う。
2011~12年文化庁新進芸術家海外研修制度により渡仏。パリ第4大学(パリ・ソルボンヌ)招聘研究員。
CDには2004年に発表された金子仁美作品集スペクトラル・マターズ――現代日本の作曲家シリーズ27などがある楽譜は全音楽譜出版社より刊行されている。
現在、桐朋学園大学教授
 

写真:Didier Loire

Hitomi Kaneko was born in Tokyo. While studying in the postgraduate school of Toho Gakuen College Music Department she gained a scholarship from the French government to further her studies in the Faculty of Composition at the Paris Conservatoire. She was awarded first prize in the Franco-Japanese Contemporary Composition Competition in 1988 and first prize in the orchestral composition section of the 59 th Japan Music Competition in 1990, together with the E. Nakamichi Prize, and the 9 th Muramatsu Prize. She studied composition with Akira Miyoshi and Gérard Grisey. Her works have been performed at the Darmstadt Festival of Contemporary Music, the Festival d’Automne de Paris, at contemporary music festivals in Avignon and Nice, the Bucharest Contemporary Music Week, the Heemstede Contemporary Music Week, Music from Japan and the Takefu International Music Festival, and by the BBC SymphonyNational Orchestra of Wales, the NHK Symphony Orchestra, the New Japan Philharmonic Symphony Orchestra and the Tokyo Philharmonic Symphony Orchestra. She was a researcher at IRCAM in Paris in 1994 and has created works in the electronic music studio of NHK. She lived in France in 2011 and 2012 as an artist sponsored for overseas study by the Japanese Agency for Cultural Affairs and served as Guest Research at the Paris-Sorbonne University.

Several CDs featuring her work have been released, including Spectral Matters: Contemporary Japanese Composers, Series 27Fontec).

Her work is published by Zen’on Music Publishers Co.

She is currently Professor at Toho Gakuen College of Music. 

photo credit: Didier Loire


CD

「スペクトラル・マターズ――現代日本の作曲家シリーズ27」(2004) (FOCD-2557)
【曲目】
1. 緑の光線
-ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノのための
2. 連歌 II
-フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、打楽器、ピアノのための
3. 垂直の歌
-尺八とコンピュータのための
4. 時の層-ヴァイオリン独奏のための
5. グリゼイの墓-室内オーケストラのための
【演奏】
1. ガブリエル ピアノ四重奏団
2. アンサンブル・ムジカ・ヴィヴァ・ハノーヴァ
3. 尺八:三橋貴風 コンピュータ:金子仁美
4. ヴァイオリン:松原勝也
5. 指揮:高関健 アール・レスピラン
【録音】
1. 1993年11月15日 Radio France 106 studio
2. 1999年10月9日 Sendesaal Radio Bremen
3. 2003年3月3日 アコ・スタジオ
4. 2003年11月27日 津田ホール
5. 2000年7月12日 紀尾井ホール
(すべてライヴ録音)


スケジュールSchedule

  • Parfum du Futur Vol. 21 「新たな出会い」

    2021年5月22日(土) 14:00 サントリーホール・ブルーローズ
    金子仁美:日本の唱歌『雪』による変奏曲―3Dモデルによる音楽IV―

    pf:飯野明日香

ディスコグラフィーDiscography

  • 「残響~ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための」(1997) ( AUCD-25001 ) vn:小林美恵/vc:アラン・ムニエ/p:岩崎淑

出版物Publications

  • 「スケルツォ〜ピアノ独奏のための」(2006) 〈PIANO 2006〉
  • 「音の彫刻〜マリンバ独奏のための」(2001)
  • 「見る(松浦寿輝の詩による)〜ソプラノとピアノのための」(2004)