山澤慧 / Kei Yamazawa

チェロCello

東京芸術大学附属高校、同大学を経て、同大学院修了。 大学卒業時に同声会賞受賞、大学院修了時に大学院アカンサス賞受賞。 

2012年、第10回ビバホールチェロコンクール第3位、第17回コンセールマロニエ21弦楽器部門第2位。2013年、第2回秋吉台音楽コンクールチェロ部門第1位。 2014年、第11回現代音楽演奏コンクール“競楽XI”第1位、第24回朝日現代音楽賞受賞。 

1回(2013年)宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟 新進演奏家国内奨学生。 

音川健二、藤沢俊樹、河野文昭、西谷牧人、鈴木秀美、山崎伸子の各氏に師事。  

2017年には文化庁新進芸術家海外研修員として、フランクフルトにてアンサンブル・モデルンのチェロ奏者、ミヒャエル・カスパー氏のもと研鑽を積んだ  

 東京都町田市出身。藝大フィルハーモニア管弦楽団首席チェロ奏者、千葉交響楽団契約首席チェロ奏者。 

__________

山澤慧は子どもの頃から好奇心旺盛。今、その好奇心はチェロの可能性の探求に向かっている。  

演奏活動の核としてあるのは、古典作品の勉強を地道に重ねることと、20世紀以降に書かれたチェロ作品を次の時代へと弾き継いでいくこと。  

2020年東京オペラシティ「Bバッハからコンテンポラリーへ」に登場。バッハの無伴奏チェロ組曲と6名の同時代の作曲家による新作を組み合わせた野心的なプログラムを披露した。その演奏はウェブ音楽批評誌『Mercure des Arts』の丘山万里子氏により、「聴衆は現代の新しさとバッハの新しさの往還をブランコのように楽しめる」「山澤のヴィルティオジテと感性がなければ生み出しえないブランコ遊戯で、こういうコンサートを仕掛け、やってのけるその才知技量、さらに、作曲界若手への創造喚起力、起爆力に大きな賛辞を贈りたい」と絶賛された。  

2015年以降、20世紀以降に書かれた無伴奏チェロ曲のみを集めたリサイタルシリーズ「マインドツリー」を毎年開催。2020年からは同シリーズの一環として、J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲をテーマに据えたプログラムを6ヶ年計画で展開している。  

20世紀に書かれた邦人作曲家によるチェロ作品演奏してアーカイブ化、未来に弾き継いでいきたいという野心を持ち、20212月に「邦人作曲家による作品集」と題したリサイタルの第1回を、実験的な表現活動の発信地であるトーキョーコンサーツ・ラボで開催した。このリサイタルもシリーズ化し、1回のペースで展開していく。 

ソロ活動のかたわらオーケストラとの共演も数多く、20192月には「明日を担う音楽家たち」公演にてルトスワフスキチェロ協奏曲を東京シティ・フィルと共演。202011月には飯森範親指揮、日本センチュリー交響楽団とベートーヴェンの三重協奏曲を共演。 

またアミティ・カルテット、カルテット・オリーブ、チェロアンサンブルXTCなど多くのグループのメンバーとして活動している。  

写真:進藤綾音

Born in Tokyo, Yamazawa is principal cellist of the Philharmonia Orchestra of the University of the Arts and contract principal cellist of the Chiba Symphony Orchestra.  

 After graduating from the Tokyo National University of Fine Arts and Music, he completed his graduate studies there.   

As an overseas trainee of the Agency for Cultural Affairs, he studied under Michael Kasper, a cellist of Ensemble Modern in Frankfurt.   

In addition to his solo activities, he has been a guest performer with orchestras such as the Tokyo City Philharmonic and the Century Orchestra of Japan. 

He is also a member of the Amity Quartet, Quartetto Olive, Cello Ensemble XTC, and many other ensembles.   

The core of his performance activities is to steadily study classical works and to pass on cello works written after the 20th century to the next generation.   

Since 2015, he has been presenting an annual solo recital series called “Mind Tree,” featuring only unaccompanied cello works written after the 20th century, and from 2020, as part of the series, he will present a six-year program focusing on J.S. Bach’s unaccompanied cello suites.   

In 2021, he has launched a concert series called “A Collection of Works by Japanese Composers” with which he aims to make an archive of main cello works composed by Japanese composers after the 20th century. 

photo credit: Ayane Shindo


YouTube


スケジュールSchedule

  • 藝大21 創造の杜2022「作曲家 ジェルジュ・リゲティ Vol.2」

    2022年6月3日(金) 19:00 東京藝術大学奏楽堂
    リゲティ:チェロ協奏曲

    指揮:ジョルト・ナジ/vc:山澤慧/管弦楽:藝大フィルハーモニア管弦楽団

  • アミティ・カルテット 弦楽四重奏リサイタル 2022 バルトーク弦楽四重奏曲全曲演奏チクルス Vol.1

    2022年6月19日(日) 14:00 マリーコンツェルト
    バルトーク:弦楽四重奏曲第1番
    ドビュッシー:弦楽四重奏曲


    弦楽四重奏:アミティ・カルテット(vn:尾池亜美 須山暢大、va:安達真理、vc:山澤慧)

  • 湯浅譲二の肖像〈企画・構成:湯浅譲二〉

    2022年7月9日(土) 16:00 水戸芸術館コンサートホールATM
    湯浅譲二:ホワイト・ノイズによるイコン、相即相入、内触覚的宇宙II、ソリテュード・イン・メモリアム T. T.、UPICによる始源への眼差、序破急、Do you love me?」から−私は夢を見た”“II.愛は似る 降りくる雪の…”

    お話:湯浅譲二/pf:高橋アキ/sop:工藤あかね/fl:木ノ脇道元 内山貴博/vn:尾池亜美/vc:山澤慧/per:安江佐和子/エレクトロニクス:磯部英彬/司会:片山杜秀