松井慶太 / Keita Matsui

指揮者Conductor

1984年青森県八戸市生まれ。3歳よりピアノ、16歳のときピアニストとしてポーランド国立クラクフ交響楽団と共演。2007年、東京音楽大学指揮科卒業。指揮を広上淳一、汐澤安彦、ピアノを故島田玲子、宮原節子、オーボエを安原理喜、音楽理論を久田典子に師事。2006年、韓国で行われたアジア・フィルハーモニック・オーケストラにて指揮をチョン・ミョンフンに師事。
2009年、第15回東京国際音楽コンクール入賞・奨励賞受賞。
これまでに、ライプツィヒ交響楽団、プラハ交響楽団室内オーケストラ、ドナウ交響楽団、東京シティ・フィル、日フィル、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪響、九響、京響、群響、札響、セントラル愛知響、仙フィル、名フィル、山響、東京室内歌劇場等を指揮。2008~2014年には、N響定期演奏会にてデュトワ、ミョンフン、ルイージ、ソヒエフらのもとで合唱指揮を務め、公演を成功に導く。
2017年からはオーケストラ・アンサンブル金沢、伝統芸能&室内オペラシリーズを指揮し、好評を博している。
2011年〜2018年東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンス。

In 2009 Keita Matsui took Encouragement Prize at The 15th Tokyo International Music Competition for Conducting.

He has conducted numerous orchestras including Tokyo City Philharmonic Orchestra, Japan Philharmonic Orchestra, Orchestra Ensemble Kanazawa, Osaka Symphony Orchestra, Kyushu Symphony Orchestra, Kyoto Symphony Orchestra, Gunma Symphony Orchestra, Central Aichi Symphony Orchestra, Sendai Philharmonic Orchestra, Nagoya Philharmonic Orchestra, Yamagata Symphony Orchestra, Tokyo Chamber Opera Theatre and Prague Symphony Chamber Orchestra, Duna Symphony Orchestra and others.

The Philharmonic Chorus of Tokyo conductor in residence from 2011 to March 2018.

He worked as chorus master at the NHK Symphony Orchestra regular concert conducted by Charles Dutoit,Myung-Whun Chung, Fabio Luisi, Tugan Sokhiev, etc. from 2008 to 2014, and led the performance to success.


YouTube


IMAGES

※画像の無断転載・無断使用はご遠慮ください。

スケジュールSchedule

  • ※延期※第46回倉敷管弦楽団定期演奏会

    2021年6月27日(日) 倉敷市芸文館
    ブラームス:交響曲第4番

    指揮:松井慶太/管弦楽:倉敷管弦楽団

  • 文化芸術による子供育成総合事業

    2021年6月28日(月) - 2021年7月1日(木) 千葉県、茨城県、東京都 学校
    指揮:松井慶太/管弦楽:仙台フィルハーモニー管弦楽団

  • 東京カンマーフィルハーモニー第22回 定期演奏会

    2021年7月17日(土) 14:00 タワーホール船堀
    モーツァルト:交響曲第31番「パリ」
    ベートーヴェン:交響曲第2番

    指揮:松井慶太/管弦楽:東京カンマーフィルハーモニー