沢崎恵美 / Megumi Sawazaki

声楽(ソプラノ)Soprano

洗足学園音楽大学声楽科卒業。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。マスネ作曲「サンドリヨン」タイトルロールでオペラデビュー。1991年〜94年イタリアに留学、A. プロッティ、F. リッチャルディ、F. オジェアスの各氏に師事。ヴィオッティ音楽院でも研鑚を積み、イタリア各地で各種コンサートに出演。プッチーニの「ラ・ボエーム」のムゼッタで好評を博す。
帰国後、日本オペラ協会公演オペラ「山椒太夫」の安寿で好評を得、その後池辺晋一郎作曲のオペラ「死神」、「お七」のタイトルロールのほか、文化庁公演において一柳慧作曲「モモ」、原嘉壽子作曲「那須與一」等に出演。その他、「椿姫」、「蝶々夫人」、「カルメン」、「ヘンゼルとグレーテル」、「こうもり」、「コシ・ファン・トゥッテ」、「魔笛」、「サウンド・オブ・ミュージック」等数多くのオペラ、オペレッタに出演。宗教曲のソリストを務めるほか、日本歌曲や童謡・唱歌を中心としたコンサートも開催している。
最近では、2012年1月、日本オペラ協会公演において池辺晋一郎作曲のオペラ「高野聖」で女役を好演した。
平成8年度文化庁芸術インターンシップ研修員。(財)地域創造、公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。第5回「叱られて」コンクール第1位清水かつら大賞受賞。
現在、昭和音楽大学附属音楽教室講師。洗足学園音楽大学、大学院講師。日本オペラ協会会員。

2015年3月現在