東京混声合唱団 / The Philharmonic Chorus of Tokyo

合唱Chorus

1956年3月に創設された日本を代表するプロフェッショナル合唱団。
主な活動は、東京、大阪での定期演奏会を開催している。東京での定期演奏会は255回を超え、大阪定期公演は1996年から毎年開催しており、作曲家林光の「原爆小景」を歌い継ぐ特別定期演奏会「林光メモリアル~東混・八月のまつり~」は40回を超えて開催している。
他には、各地方での特別演奏会、内外のオーケストラとの共演やオペラへの出演、青少年を対象とした鑑賞教室などを行っている。
主な海外公演としては、1979年、ASEAN公演(宮本昭嘉指揮)、1987年創立30周年記念アメリカ公演(田中信昭指揮)、1997年創立40周年記念スウェーデン、ベルギー公演(松原千振指揮)、2000年フィンランド、エストニア公演(松原千振指揮)、2002年トロント国際合唱フェスティバル(松原千振指揮)、2006年創立50周年記念バルト国際合唱祭(松原千振指揮)、2010年フィンランド公演(松原千振指揮)、2017年ロストロポーヴィッチ国際フェスティバル(山田和樹指揮)、2019年フランス、モナコ公演(山田和樹指揮)などがある。
レパートリーは創立以来行っている作曲委嘱活動で生まれた200曲を超える作品群をはじめ、グレゴリオ聖歌からルネッサンス、古典派、ロマン派、現代作品、そして我が国の作曲家の重鎮から若手までと全合唱分野を網羅し、その他、各地のアマチュア合唱団や児童生徒との合同演奏、指導者派遣、ワークショップ・解説付きコンサートも精力的に開催し、合唱音楽の向上、浸透、地域文化振興に寄与している。
田中信昭(桂冠指揮者)、山田和樹(音楽監督)、キハラ良尚(常任指揮者)、ヴォルフディーター・マウラー(主席客演指揮者)、松原千振(正指揮者)、大谷研二(正指揮者)、水戸博之(コンダクター・イン・レジデンス)、高谷光信(指揮者)、山田茂(指揮者)と、多彩な指揮者陣を擁している。
 これまでに、文化庁芸術祭大賞、サントリー音楽賞、中島健蔵音楽賞、音楽之友社賞、毎日芸術賞、京都音楽賞などを受賞。

The Philharmonic Chorus of Tokyo is a leading professional choir of Japan. Since its founding in 1956, the number of regular concerts held every year exceeded 255 this year. In addition to it, as main activities, PCT has held the special regular concert ”Tokon August Festival ~ Memorial of Hayashi Hikaru~” for forty years annually as a peace concert in which the monumental choral work by Hayashi “Scenes from Hiroshima” has been sung every year. Also, the annual regular concerts held in Osaka have reached 25th this year.

Other activities include co-performance with orchestras domestic and international, operas, educational programs for schools’ students and various concerts requested by local concert halls.

PCT is also very active in performing abroad. The countries and international festivals PCT visited and participated so far include USA (1987), Sweden and Belgium (1997), Finland and Estonia (2000), the Toronto International Choir Festival (2002), the Baltic International Choir Festival (2006), the Rostropovich International Festival (2017) and France and Monaco (2019) etc.

One of the most prestigious activities of PCT is commissioning new choral works. The number of commissioned and premiered works by PCT reached more than 250. In addition to those contemporary works, the repertoire of PCT covers wide range from Gregorian chants, Renaissance, Classical, Romantic to modern works and Japanese composers.

As a leading professional choir in Japan, PCT contributes to the promotion of Japanese choral music and local culture as well.

Awards received so far include the Japan Arts Festival Grand Prize (Ministry of Culture), Suntory Music Prize, Nakajima Kenzo Music Prize, Mainichi Arts Prize and Kyoto Music Prize etc.

Conductors:
Nobuaki TANAKA, conductor laureate/ Kazuki YAMADA, music director/ Yoshinao KIHARA, principal conductor/ Wolfdieter Maurer, principal guest conductor/, Chifuru MATSUBARA, permanent conductor/ Kenji OTANI, permanent conductor/ Hiroyuki MITO, conductor in residence/ Mitsunobu TAKAYA, conductor/ Shigeru YAMADA , conductor.


スケジュールSchedule

  • 【東京混声合唱団住友生命いずみホール定期演奏会】No.26 〜 Osaka Shion Wind Orchestraを迎えて~

    2021年10月30日(土) 16:00 住友生命いずみホール
    髙田三郎:水のいのち
    首藤健太郎:混声合唱とピアノのためのソナタ第3番(委嘱初演)
    ラター:グローリア

    指揮:髙谷光信/pf:酒井有彩/org:中山幾美子/金管アンサンブル:Osaka Shion Wind Orchestra/合唱:東京混声合唱団

  • 【グラントワ・カンタートをつなぐ】東京混声合唱団 文化の日特別公演

    2021年11月3日(水) 14:00 島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
    林光編:日本抒情歌曲集より
    オーストラリア国歌/コンダリラ(滝の精)/イタリア国歌/行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って
    三善晃:唱歌の四季より
    ジグザグな屋根の下で/大地讃頌/気球に乗ってどこまでも/ビリーブ/手紙/いのちの歌/あずさ2号/翼をください

    指揮:キハラ良尚/ゲスト指揮:栗山文昭/pf:斎木ユリ/合唱:東京混声合唱団/共演:グラントワ合唱団

  • 東混ゾリステン 東京混声合唱団メンバー8名による

    2021年11月7日(日) 15:00 名取市文化会館 中ホール
    浜辺の歌/曼珠沙華/瀬戸の花嫁/青葉城恋唄
    手紙/いのちの歌/翼をください

    東混ゾリステン/pf:北野悠美