猿谷紀郎 / Toshiro Saruya

作曲家

1960年7月東京生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、ニューヨークのジュリアード音楽院作曲科に留学、1987年同大学院を名誉奨学生として卒業(修士号)。パーシケッティ、ヘンツェ、ナッセンの各氏に師事。
これまでに、タングルウッド音楽祭(アメリカ)、アルスフェルド音楽祭(ドイツ)などの欧米の音楽祭に招待され、クーセヴィツキ音楽財団・フェローシップ賞(1988年)、ミュンヘン・ビエンナーレ・BMWミュージックシアター賞(1992年)などを受賞。
1992年サントリーホール国際作曲委嘱シリーズにおいて初演された《Fiber of the Breath(息の綾)》(ナッセン指揮/NHK交響楽団)が音楽界の大きな話題となり、一躍その名を知られることとなった。
1993年、第3回芥川作曲賞、第3回出光音楽賞を受賞。以来、
次々と委嘱を受け作品を発表している。1994年の京都市交響楽団委嘱作品《ゆららおりみだり Fractal Vision》で、第43回尾高賞を受賞。
1997年には、故・武満徹氏が長年企画構成に携わっていた、八ヶ岳高原音楽祭の音楽監督をつとめる。この他2003年H. W. ヘンツェのオペラ《午後の曳航》[日本語初演(読響主催)]の日本語版を監修し、2006年にはザルツブルク音楽祭、祝祭大劇場にて上演された。蘭このみスペイン舞踊公演「桜幻想」(音楽担当)、薬師寺「最勝会」復興上演(音楽監督「鼓音之楽」を作曲)及びNHK-FMのラジオドラマ「怪し野」(音楽担当)がそれぞれ第58回芸術祭大賞(舞踊部門と音楽部門それぞれにおいて)および優秀賞を受賞。2004年、イシハラホール開館10周年記念公演「三井の晩鐘」の音楽を担当。義太夫と現代音楽のコラボレーションが話題を呼び、同公演は第4回佐治敬三賞を受賞した。2005年、読売日本交響楽団委嘱作品《ここに慰めはない Hier ist kein Trost》で第54回尾高賞を、2013年神社本庁の委嘱で第62回伊勢神宮式年遷宮の奉祝曲として作曲した「交響詩「浄闇の祈り2673」」で、3度目となる第62回尾高賞を受賞。
2009年~2015年、NHK-FM「現代の音楽」のパーソナリティを務める。
現在、大阪教育大学准教授。 


主な受賞歴

  • 1988年 クーセヴィッキー音楽財団・フェロウシップ賞
  • 1992年 ミュンヘンビエンナーレ・BMWミュージックシアター賞
  • 1993年 《Fiber of the Breath(息の綾)》で第3回芥川作曲賞
  • 1993年 第3回出光音楽賞
  • 1995年 《ゆららおりみだり Fractal Vision》で第43回尾高賞
  • 1995年 レコード・アカデミー賞
  • 2006年 《ここに慰めはない Hier ist kein Trost》で第54回尾高賞
  • 2014年 《交響詩「浄闇の祈り2673」》で第62回尾高賞

Toshiro Saruya was born in 1960 in Tokyo. After studying the master course in law at Keio University in Tokyo, he went to the United States and studied composition and conducting at the Juilliard School of Music where he received his Master’s Degree as an honorary scholarship student. 

He also studied with Hans Werner Henze and Oliver Knussen at the Tanglewood Music Festival as a composition fellow where he was awarded the Koussevitzky Music Foundation Fellowship in 1988.
In 1992, SARUYA participated in the Third Munich Biennale (International Festival for New Music Theater) under the artistic direction of Hans Werner Henze and received the BMW Theater Prize. 

He was a young composer out of the unknown in Japan until his work for string orchestra, “Fiber of the Breath”, was given the world premiere at the concert introducing Henze’s “Three Spiritual Concertos” perfomed by Oliver Knussen and the NHK Symphony Orchestra in 1992 and in 1993, “Fiber of the Breath” brought him the 3rd Idemitsu Music Award and the 3rd Akutagawa Award for Music Composition and he won the commission from the Suntory Music Foundation. 

In 1995, he received the 43rd Otaka Prize for his “Fractal Vision” written for the Kyoto Symphony Orchestra. The work commissioned by Suntory Music Foundation, “Mutual Recognition” was premiered by Kazuhiko Komatsu and the New Japan Philharmonic at Suntory Hall in 1995.
In 2003, he supervised the Japanese version of H. W. Henze’s opera ” Gogo No Eiko (Das verratene Meer)” which was premiered in Japanese by the Yomiuri Symphony Orchestra and then performed at the Salzburg Festival in 2006. 

In 2005, he received the 54th Otaka Award for his work “Hier ist kein Trost,” commissioned by the Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, and in 2013, he received his third Otaka Award, for his symphonic poem “Prayer for the Sacred Darkness 2673.” 

He was a nagivator of the radio program “Contemporary Music” on NHK FM from 2009 until 2015.

He now serves as Associate Professor at Osaka Kyoiku University 

Review: https://www.nytimes.com/2011/02/14/arts/music/14musicrec.html 


ディスコグラフィーDiscography

  • 「吉村七重二十絃箏委嘱作品集」 ( カメラータ ) 猿谷紀郎:琴座の碧霞

作曲中Works in Progress

ソロ・リサイタルのための作品(タイトル未定)

  • 【委嘱】吉田秀

作品リストWorks

オペラ / Opera

<ポンペイ・エクジビット>

  • 【作曲】1994

舞台音楽 / Stage Works

<語りと音楽による「ビアトリクス・ポター物語」>

  • 【作曲】1996
  • 【委嘱】サイトウ・キネン・フェスティバル松本委嘱/語り、チェロ、ピアノ

オーケストラ / Orchestra

浄闇の祈り2673

  • 【委嘱】神社本庁

<ファイバー・オブ・ザ・ブレス(息の綾)>

  • 【作曲】1992

<ゆららおりみだり Fractal Vision >(京都市交響楽団委嘱)

  • 【作曲】1993

<透空の蔦 Projection Orbit> (岩城宏之委嘱)

  • 【作曲】1994

<互響應斥 Mutual Recognition>(サントリー音楽財団委嘱)

  • 【作曲】1995

<Flair of the Seeds>(ロンドン・シンフォニエッタ委嘱)

  • 【作曲】1998

<Swells of Athena/搖光の嵩まり>(大阪センチュリー交響楽団委嘱)

  • 【作曲】1999

<ここに慰めはない>(読売日本交響楽団委嘱)

  • 【作曲】2005

<Where is HE? 夢 まじらひ>(NHK交響楽団委嘱)

  • 【作曲】2006

<第62回神宮式年遷宮奉祝曲 交響詩「浄闇の祈り」>

  • 【作曲】2012
  • 【委嘱】伊勢神宮式年遷宮広報本部
  • 【初演】2012
  • 【初演場所】サントリーホール
  • 【初演者】指揮:円光寺雅彦/管弦楽:読売日本交響楽団
  • 【初演公演】第62回伊勢神宮式年遷宮奉祝演奏会

室内楽 / Chamber Music

「サハヤキ ノ ハザマ」〜パーカッションデュオのための

  • 【初演】2016
  • 【初演場所】19:00 東京文化会館・小
  • 【初演者】perc:吉原すみれ、山口恭範
  • 【初演公演】吉原すみれパーカッションリサイタル2016

「二つの記憶と一つの未来の記憶」

  • 【委嘱】財団法人所沢市文化振興事業団
  • 【初演】2011
  • 【初演場所】所沢市民文化センター・ミューズ
  • 【初演者】g:鈴木大介
  • 【初演公演】新世紀ギターの潮流�U 鈴木大介

94の聯絡 for 2 harps 

  • 【委嘱】篠﨑史子
  • 【初演場所】サントリーホール・ブルーローズ
  • 【初演者】hrp:篠﨑史子、篠﨑和子
  • 【初演公演】篠﨑史子ハープの個展ⅩⅣ

<二百万光年の孤独>

  • 【作曲】1988

<石と光>

  • 【作曲】1989

<煌音>(日本打楽器協会委嘱)

  • 【作曲】1994

<チェンバロと弦楽のための「青焔のフィディス」>(イシハラホール委嘱)

  • 【作曲】1996

<アイテールの貪欲>(ニューアーツ弦楽四重奏団委嘱)

  • 【作曲】1996

<オンド・マルトノとギターのための「Emission」>(北とぴあ国際音楽祭委嘱)

  • 【作曲】1997

<舞とフルート、弦楽四重奏、打楽器のための「可惜夜舞 (あたらよのまい)」>(八ヶ岳高原音楽祭委嘱)

  • 【作曲】1997

<ヴァイオリンとピアノのための「柔らかな予感の流れ」>(一柳 慧、小林健次委嘱)

  • 【作曲】1998

<Concavex/統覚のうねり>

  • 【作曲】1998
  • 【委嘱】鎌倉芸術館

<種の力 Flair of the Seeds>( ロンドン・シンフォニエッタ委嘱)

  • 【作曲】1998

器楽 / Instruments

ソロ・リサイタルのための作品(タイトル未定)

  • 【委嘱】吉田秀

向山佳絵子&長谷川陽子デュオリサイタルのための作品(タイトル未定)

  • 【作曲】2015
  • 【委嘱】Hakujuホール
  • 【初演】2015
  • 【初演場所】19:00 Hakuju Hall
  • 【初演者】vc:向山佳絵子、長谷川陽子
  • 【初演公演】チェロ・コレクション 〜バッハへのオマージュ〜vol.2

合唱 / Choral Works

<河のやすらぎ>(東京混声合唱団委嘱)

  • 【作曲】1995

<火喰鳥 (ひくいどり)> (東京混声合唱団委嘱)

  • 【作曲】1997

声楽 / Songs

「星」

  • 【委嘱】世田谷うたの広場「詩と作曲の会」
  • 【初演】2015
  • 【初演場所】成城ホール
  • 【初演公演】第25回せたがや歌の広場コンサート

邦楽器 / Japanese Instruments

紺碧の彼方

  • 【委嘱】鼓童
  • 【初演】2016
  • 【初演場所】サントリーホール

<STRATUS>

  • 【作曲】1995
  • 【委嘱】赤尾三千子委嘱/能管ソロ

<彩霞>(吉村七重委嘱/二十絃箏ソロ)

  • 【作曲】1996

<豊宇多楽(とよのうたあかり)>

  • 【作曲】1997

<臨照>

  • 【作曲】1997
  • 【委嘱】東京インターナショナル・ミュージック・アンサンブル