新田ユリ / Yuri Nitta

指揮者Conductor

1990年ブザンソン国際指揮者コンクールファイナリスト、1991年東京国際音楽コンクール<指揮>第二位受賞。東京交響楽団を指揮してデビュー後、国内主要オーケストラへ客演し、2015年〜2020年愛知室内オーケストラ初代常任指揮者を務める。
近年は北欧音楽の演奏・研究を活動の柱の一つとしており、2000年10月から1年間文化庁芸術家在外研修生としてフィンランド・ラハティ交響楽団にて音楽監督オスモ・ヴァンスカのもと研鑽。以後日本とフィンランドを拠点として活動を続け、クオピオ交響楽団、ミッケリ市管弦楽団、ヨエンスー市管弦楽団、クリスチャンサン管弦楽団、フィンランド国防軍吹奏楽団、フィンランド海軍吹奏楽団、ラ・テンペスタ等北欧各国のオーケストラに客演。
2017年には南デンマーク・フィルハーモニー管弦楽団に客演し、ニルス・ゲーゼ生誕200年を記念したオールデンマークプログラムの定期公演を指揮。
フィランドの歴史ある音楽祭からも招聘され、2005年~2007年オウルンサロ音楽祭、2006年・2013年・2019年リエクサ・ブラスウィークで指揮をする。2019年夏には愛知室内オーケストラとともにリエクサ・ブラスウィークから招聘を受け、オーケストラ初の海外公演となるフィンランドツアーを成功させた。
また海外の著名ソリストとの共演も多く、ゲルハルト・オピッツ、シプリアン・カツァリス、マキシム・ヴェンゲーロフ、ダニエル・ゲーデ、ヨウコ・ハルヤンネ、オイスタン・ボーズヴィーク等世界的ソリストと共演する。
国立音楽大学と桐朋学園ディプロマコースにおいて尾高忠明、小澤征爾、秋山和慶、小松一彦各氏に師事。
現在、日本シベリウス協会第3代会長。アイノラ交響楽団正指揮者。 著書に「ポホヨラの調べ」(五月書房新社)。
公式ウェブサイト https://www.yuri-muusikko.com(森と湖の詩)

[ C D ]
1994年 キングレコードより東京佼成ウィンドオーケストラとのCD6枚リリース
2006年 オクタヴィア・クリストンよりリリース。フィンランド放送交響楽団ソロ首席トランペット奏者ヨウコ・ハルヤンネ、クオピオ交響楽団と共演
2009年 ポニーキャニオンより「決定盤吹奏楽シリーズ」3枚リリース

公式HP http://www.yuri-muusikko.com/


スケジュールSchedule

  • 名古屋ブルックナー管弦楽団第27回定期演奏会

    2022年7月18日(月) 15:00 愛知県芸術劇場コンサートホール
    シベリウス:交響曲第6番
    ブルックナー:交響曲第4番

    指揮:新田ユリ/管弦楽:名古屋ブルックナー管弦楽団

  • 新日本交響楽団第109回定期演奏会

    2022年11月23日(水) 府中の森芸術劇場・どりーむホール
    ディーリアス:歌劇「村のロメオとジュリエット」より 間奏曲「楽園への道」
    ウォルトン:ヴィオラ協奏曲
    ウィリアムズ:交響曲第5番

    指揮:新田ユリ/va:井野邉大輔/管弦楽:新日本交響楽団